造形教室に「こどものための」がつくことには意味があります。一人ひとりの「できること」を見きわめて、ほんの少し背伸びをしたり、経験の貯金を増やしていくお手伝いをする…。

いつも私たちオトナが気にかけて、忘れずにいなければならないためでもあります。

ひとこと

レッツ デコパッチ!!

「デコパッチ」ってどんなクラフト??

 
今年最後の造形教室で先生は考えました。

 

***何がいいかなぁ?身近にある小さいもの… デコレーションしたものをいつもそばに置いていたいなぁ~ ***


あっ そうだ!!

お年玉やお小遣いをためておける貯金箱だ!『ぶた』以外に考えられないぞ!


……というわけでぶたさん貯金箱に デコパッチ です。
カラフルでかわいいぶたさん貯金箱がそれぞれの家庭に仲間入りです。
12 月の造形教室ねらいはズバリ「貯金」かな?