造形教室に「こどものための」がつくことには意味があります。一人ひとりの「できること」を見きわめて、ほんの少し背伸びをしたり、経験の貯金を増やしていくお手伝いをする…。

いつも私たちオトナが気にかけて、忘れずにいなければならないためでもあります。

ひとこと

Let's ポップアート!!

10月,11月、12月は題して「Let`s ポップアート」ダンボールをうまく使ってかっこいい額縁をつくり、

キャンバスにポップな絵を描きました。

 

ダンボールの質感を大切にしながら印刷された絵や文字もうまく利用して額ができました。

キースへリングやアンディウォーホールに代表されるアメリカンポップアートの作品に負けず劣らずのポップな色使いで素敵な絵も描けました。

 

今回は絵の完成までにじっくり時間をかけて欲しいため、

「1回のお教室で仕上げるのではなくまた次回に続きを描いてもいいよ」としたので、

しばらく時間を置いて作品を見つめ直す時間が取れて丁寧な絵に仕上がりました。 

 

額と絵が完成した人は「張り子」に挑戦しました。

キッチンで使うボウルで張り子を作り色を付けてオリジナルボウルを作ります。

 

水分には弱いけれど、ポテトチップスなら平気!!

使い方は君しだい! 

 

新聞紙などの紙を貼付けただけなのにこんなにカチンコチンになるの〜〜?

ふしぎ! 

ってみんなびっくりだったね。