造形教室に「こどものための」がつくことには意味があります。一人ひとりの「できること」を見きわめて、ほんの少し背伸びをしたり、経験の貯金を増やしていくお手伝いをする…。

いつも私たちオトナが気にかけて、忘れずにいなければならないためでもあります。

ひとこと

江ノ島を描こう!

 

10月の造形教室は、写生です。

日頃見慣れている江ノ島も、絵を描く目で見るとまた違って見えてきます。

気持ちのよい天候にも恵まれ、青空のもと海風を浴びながら楽しんで描くことが出来ました。

 

 

スケッチのポイント

 

①スケッチで大切なことは、気に入った場所を見つけて特徴を捉えること。

 スケッチとは単なる下書きではありません。

 時間をかけて、構図(大きさや特徴)を考えながら描いていきます。

 

②まずは空や遠景など、面積の大きいところから絵具で塗り始めていきます。

 最初は薄く、そして一部分だけではなく全体に塗っていきましょう。

 

③次に近景を描いていきましょう。

 筆のタッチを活かして木の表情を出していきます。

 葉の色や気の立体感などをうまく出すには、”塗る”というよりは色を”置く”イメージで。

 こちらも薄い色から濃い色へ、順に色をのせていきます。

 

④仕上げは細部を丁寧に整えていきましょう。

 

 

一番大切なことは自分が感じた色で描くこと。

そしてあまり細かいところにこだわりすぎないこと。

 

絵は写真ではありません。忠実に描かなくてもいいのです。

その時に感じたままに、自分らしい絵を画用紙いっぱいに描きましょう!