造形教室に「こどものための」がつくことには意味があります。一人ひとりの「できること」を見きわめて、ほんの少し背伸びをしたり、経験の貯金を増やしていくお手伝いをする…。

いつも私たちオトナが気にかけて、忘れずにいなければならないためでもあります。

ひとこと

大好きな絵本や童話を読んで絵を描こう

「大好きな絵本や童話」を読んで心に残った場面の絵に描こう!


おとぎ話や童話や神話の絵本は日本に限らず世界共通して長く語り継がれています。


前回、色の勉強をした時にアートセラピーの視点で「人の感情と色や形は深く関わっている」とお話しました。

子どもの心に残る物語やその中の情景は人間の深層心理の構造を踏まえていることを知れば、同じような物語が世界各地に存在することも理解できます。


物語が発信するメッセージ普遍的メッセージですが、私たちがそれを受け取る時は個々の心に響くものになっています。

そんな物語の心に残った1シーンを描いてみましょう!