造形教室に「こどものための」がつくことには意味があります。一人ひとりの「できること」を見きわめて、ほんの少し背伸びをしたり、経験の貯金を増やしていくお手伝いをする…。

いつも私たちオトナが気にかけて、忘れずにいなければならないためでもあります。

ひとこと

2017年 夏休み

夏休みは 学校の課題や、ポスター応募など、

自分で活動内容を決めて取り組みます。


2日間、または、3日間通って集中して作品を作り上げるので
完成したときの達成感がすごいですね!!